平成22年度春季(平成22年3月~22年5月)旅館営業概況調査(結果)

更新日2010年07月27日

社団法人日本観光旅館連盟(会長近兼孝休、3.475会員)では、
昭和49年より会員の営業概況の動向を把握することを目的として、
主要観光地(温泉地を含む)所在の会員を対象に、春、夏、秋、冬季に
営業の概況調査を実施している。
アンケート調査では、地域別、3ヶ月別及び主要観光地別に大・中・小規模旅館
の営業状況を集計し、総宿泊単価、宿泊単価、定員稼働率を発表し、会員旅館
ホテルの営業の参考資料としている。
なお今回から支部再編に合わせて、特に、北陸信越・関東・中部の大幅な旅館と
観光地の入れ替えとアンケート会員旅館も一部変更したため、従来の数値とは
比較出来ない部分が生じている。

※圧縮ファイルにて保存されています。解凍ソフトを利用してご覧ください。

→資料はこちら

ページの先頭へ